クレジットカードだけで生きていける

TOP

クレジットカードだけで生きていく「現金化」の方法を伝授します。

クレジットカードの有用性

クレジットカードの有用性はインターネットのおかげで劇的に高まっています。クレジットカードはショッピングを肩代わりしてくれるだけではありません。特にインターネット時代に注目されているのがクレジットカードのとある性質です。それは、信販会社が審査するのである程度の本人確認証としての機能を有している点です。例えば利用に際して年齢制限のあるサービスの場合、従来であればわざわざ年齢を確認出来るようなものを提出しなければなりませんでした。わざわざスマートフォンのカメラで身分証明書を撮影し、メールする。そして認証してもらうことでサービスが利用出来るようになるタイプのサービスさえ珍しくありませんでしたが、近年はクレジットカードでの支払いにすることで信販会社が年齢だけではなく、本人だと証明してくれることになりますのでサービスを利用出来るのです。レンタカーやMVNOのようなサービスがクレジットカードのみなのもそのためです。

クレジットカード現金化は驚くほど簡単

クレジットカード現金化の経験があります。経験者として言わせてもらうと、あそこまで簡単なものは他になかなかないんじゃないですかね。ましてや現金を手に出来るとても貴重なサービスです。自分がクレジットカード現金化を行った時、恥ずかしい話ですがキャッシング枠が既に限界に達していました。それでも現金が必要になってしまったんです。キャッシングには頼れないってことでいろいろと調べていたらクレジットカード現金化に行きつき、実際に試してみました。実際に試してみると本当に簡単でした。何でここまでクレジットカード現金化をすべきかで悩んでいたのかなと思う程ですし、クレジットカード現金化のために改めてサービスに加入したり、何か用意しなければならないようなこともなかったので本当に気楽に行うことが出来ました。そして、何より貴重な現金も手に入りました。その後、現金が必要な時にはクレジットカード現金化にかなりお世話になりました。

なぜ審査に落ちるのか?

便利なクレジットカードを使いたいので審査に応募したものの、落ちてしまった経験をお持ちの方も多いかと思いますがクレジットカードは誰でも入会出来るものではありません。審査に通過しなければ残念ですがクレジットカードを利用することは出来ないのですが、では審査基準はどのようなものなのか。クレジットカードの審査に落ちた人やこれからクレジットカードの審査に申し込もうと考えている人にとっては興味深い部分かと思いますが、クレジットカードの入会審査の査定は信販会社によって異なります。一般的には金利と難易度は比例していると言われていますが、あくまでも目安です。経済力を総合的に判断された上で合否を判断されます。仮にですが、審査に納得が出来ないからといって再審査を要求したところで結果が変わるケースはそうそうありません。信販会社としても一時的に肩代わりをして安心出来る存在なのかを見極めるべくじっくりと判断しているのです。

多重債務なのでクレジットカード現金化を頼る

一万円札の束
多重債務に陥っている自分にとってクレジットカード現金化はなくてはならないものです。総量規制にも引っ掛かっていますし、多重債務なので現金で返済しなければならない時にはどうにもなりません。借りては返し、返しては借りてというまさに自転車操業。そのような時にクレジットカード現金化のお世話になっています。ショッピング枠なのでそれらが一切関係ありません。もちろんショッピング枠にも限界がありますので、そこまで頻繁には出来ませんが、どうにもならない時にはお世話になっています。現金でなければどうすることも出来ない状況って案外多いと思いますが、クレジットカード現金化であればショッピング枠という規制の対象外の物を上手く活用することで現金を手に出来ますので、自分自身にとってなくてはならないとても貴重なものとなっています。今後もクレジットカード現金化にはお世話になると思うので、法律が変わらないことを祈っていますね。

フリーエリア

カテゴリー